七福神以外で即日の給料ファクタリングができる会社と数が少ない理由

条件別ファクタリング

七福神以外の給料ファクタリング会社が少ない理由

給料ファクタリングとは、あなたの給料を受け取る権利(給料債権)をファクタリング会社に買取をしてもらい、現金化することでお金の流れとしては給料の前借りのようなものです。

法人や個人事業主を対象としたファクタリング会社は、全国的にもたくさん存在していてどのファクタリング会社がいいのか?選ぶのに困ってしまうような状況ですが、サラリーマンやアルバイトといった個人の給料債権を対象にした給料ファクタリング会社は代表的な七福神以外だと、数える程しかありません。

七福神以外に給料ファクタリングを行っている会社が少ない理由は2点あると考えられます。

・給料ファクタリングがグレーゾーンである
・少額債券の買取りはリスクに対する利益が少ない

それぞれ詳しく解説していきましょう。

給料ファクタリングがグレーゾーンである

よく給料ファクタリングが違法かどうか?といった解説がなされているWEBサイトでは、以下の2点から給料ファクタリングに違法性はないと主張がされています。

・給料ファクタリングは貸金業には当たらない
(利息制限を超える年利はあくまでも手数料で金利ではない)

・法令で禁止されている債権の中に、給料債権は含まれていない
(給料債権を譲渡しても問題ない)

このことから、ファクタリングは違法ではないという考えです。

一方で、労働基準法第24条には「直接支払いの原則」があります。
使用者は賃金(給料)を直接労働者に支払わなければならないので、そもそも給料債権を買い取るようなビジネスは成立しないという意見もあります。

賃金を給料と捉えるか、給料債権と捉えるかによって見解が分かれているのですが、この点に関しては現在のところ司法の判断は出ておらず弁護士など専門家の間でも意見は分かれています。

給料ファクタリングは違法ですか??

Q
給料ファクタリングの元祖と言われる会社があるらしく、ブラックokと書いてあるようなのですが、利用して問題ないのでしょうか??

A
ファクタリングは貸金業ではなく、貸金業法上の違法ではないとさえているようです。
従って、金利の規制、貸付の総量規制の問題には触れないというこです。
しかし、給料の現実払いの問題もあり、限りなくグレイだと思います。
引用:弁護士ドットコム

一概に「違法」や「適法」といった判断がまだされていないために、参入するファクタリング会社も少ないものと思われます。

現在摘発されている悪質なファクタリング会社は、上記のようなグレーゾーン以外にも契約書を作成しないでファクタリングを行って特定商取引法違反など、明らかな違法行為が確認されているファクタリング会社が摘発されている現状です。

給料ファクタリング自体が明らかに違法だとされれば、間違いなく七福神はすぐにでも摘発されるのではないかと思います。

少額債権の買取りはリスクに対する利益が少ない

給料ファクタリングは、よほどの高給取りでなければ20万円~30万円程度の少額ファクタリングになります。

法人や個人事業主が利用する売上債権のファクタリングでも、このような少額ファクタリングは売上債権が焦げ付くリスクなどを考えて敬遠されるケースが多いです。

一般的には100万円以上の売上債権から取引き可能というファクタリング会社が多いので給料ファクタリングのような少額債権のファクタリングには消極的な会社が多いものと思われます。

七福神以外の給料ファクタリング会社は?

以上のような理由から、そもそも給料ファクタリングを行っている会社自体が少ないです。

また七福神よりも好条件かつ、信頼に値する給料ファクタリング会社はないのでただ比較をしたいだけなら七福神を利用するのが一番だと思います。

七福神の給料ファクタリングを利用する

ただ、何らかの事情で七福神が利用できない方のために七福神以外の給料ファクタリング会社を紹介したいと思います。

※運営元や所在地など、情報開示をきちんと行っているサービスのみ紹介しています。

Wallet Link(ウォレットリンク)

ウォレットリンクは、公式HPを見てもらえばわかりますが、給料ファクタリングという言葉は使わず「給与早期受取サービス」となっていますが仕組みは同じです。

勤務先にバレない「2者間ファクタリング」のみの取扱でLINEを使って手続きが行える利便性の高いサービスです。

必要な書類は下記の3点

・2ヶ月分の給与振込履歴(通帳)
・顔写真付の身分証明書
・社名の入った社会保険証

審査はLINE上でも30分ほどで完了するので、午後3時までに審査が終了すれば即日での現金化も可能です。

Get給(ゲッキュー)

ゲッキューもウォレットリンクと同じ運営元ですが、一律の手数料は定めておらずLINEでの申込みには対応していない点で違いがあります。

こちらも15時までの審査通過で即日での現金化が可能なので、時間に余裕がある場合はゲッキューでも審査を受けてみて手数料を比較してみるのがおすすめです。

必要書類などもウォレットリンクと同じです。

七福神以外のファクタリング会社は上記2社以外はない

実際に調べてみると、給料ファクタリング会社は10社ぐらいは出てくるのですが、利用規約などをじっくりと読み込んでいくと、「借りる」「返済」といった文言があって貸金業として闇金の匂いがしたり、運営元の会社情報が確認できないといったサービスがほとんどでした。

七福神を含めた上記の3社以外で給料ファクタリングを検討するのは避けたほうが無難でしょう。

また給料ファクタリングは、手数料がとても高いです。
もしあなたが、まだ通常のカードローンやキャッシング、クレジットカード現金化などの方法がまだ利用できるなら給料ファクタリングはおすすめしません。

一時的にどうしても現金が必要で、給料ファクタリング以外の資金調達方法ができない場合に少額の利用で急場を凌ぐためなら給料ファクタリングも個人的にはアリだと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました