来店不要で即日の資金調達が可能なファクタリング会社と申込みのコツ

条件別ファクタリング

売掛金はあるけど、現金がない。
ボーナスの支払いや新規事業への投資で至急現金が必要!

入金サイクルが長い建設業などの事業だと、このように一時的に資金繰りが回らなくなるケースは珍しくありません。

そんな時の資金調達としてよく利用されているのがファクタリングです。
資金調達を必要としている事業者の中には、支払に猶予がなく明日・明後日にでも現金がないと困るといった切迫した状況に置かれている方もいると思います。

急な資金調達の場合は、ファクタリング会社の面談やヒアリングに時間が割けないケースも考えられます。

この記事では、そんな事業者の方に来店不要で即日の資金調達が可能なファクタリング会社と少しでも早くファクタリングを行うためのコツを紹介しています。

来店不要な即日ファクタリング会社の選び方

通常、ファクタリングをする場合はファクタリング会社によるヒアリングや面談が必要です。

ファクタリングの“来店不要”には2つのパターンがあります。

・ファクタリング会社のスタッフが出張してくれるので来店不要
・オンライン上で完結するため来店不要

ファクタリング会社が出張してくれる場合は、別途出張料金が請求されたり、時間的なロスが発生して即日での資金調達は難しくなるのでこの記事では、オンライン完結の来店不要なファクタリング会社について紹介したいと思います。

即日と言っても3つの即日がある

ファクタリング会社のホームページを見ると、「即日」という言葉は数多くの会社が使用しています。

しかし、“即日”という言葉には注意が必要です。
意味を理解していないと、現金が必要な日までに資金調達をすることができなくなってしまう可能性があります。

①即日審査&即日入金
②即日審査
③審査完了後、即日入金

「即日=今日中に申込みをして入金される」と勘違いして申込みをすると、思い通りの日に入金されないので注意しましょう。

今日中に資金調達がしたい場合は少なくとも①の即日会社を選ばなければいけません。

来店不要でも事務所が存在しているかは確認する

来店不要なファクタリング会社だとしても、事務所が実際に存在するかどうか?は確認してから申し込むのがおすすめです。

バーチャルオフィスなどでファクタリング事業を行っている会社は信用しないほうがいいです。

少なくとも、会社概要にある住所を入力した時にきちんと存在が確認できるファクタリング会社を選びましょう。

オンライン申込み=来店不要ではない!“完結”で選ぶ

オンライン申込みやオンライン審査が可能だからと言って来店不要ではありません
このようなケースでは、事前の査定や見積もりはオンラインで可能ですが、実際に入金に至るまでには面談が必要な場合がほとんどです。

本当に来店不要なファクタリング会社は、「オンライン完結」の表記があります。
オンライン完結でファクタリングの契約ができる会社は現在非常に少ないです。

来店不要かつ即日で資金調達をするポイント

次に、ファクタリングで来店不要かつ即日の資金調達を可能にするためのポイントについて紹介していきましょう。

申し込む時間帯や曜日も重要

多くのファクタリング会社は、土日祝日は審査に対応していません。
申込みの受付を行っている会社は多いですが、土日祝日に審査の申し込みをしても実際に審査に入るのは週明けの月曜日になります。

つまり、即日での資金調達はできません。
営業時間ギリギリでの申込みも、審査の時間を考えると即日の資金調達はできないでしょう。

また、月末から月初はファクタリング契約が多くなる時期で、ファクタリング会社にも問い合わせが殺到している可能性が高いのでこのような時期はできるだけ避けたほうがスピーディーな資金調達に繋がるでしょう。

2社間ファクタリングを利用する

ファクタリングには2社間取引と3社間取引があります。
3社間取引になると、どうしても売掛先への通知や同意が必要になるので時間的なロスが発生します。
早くても2日~5日程度の期間は必要です。

最短即日の現金化を望むのであれば、3社間取引よりも手数料は上がってしまいますがスピード重視の2社間取引を選択しましょう。

信用力の高い売掛金を売却する

ファクタリングの審査では、事業者の信用力よりも売掛先の信用力が重視されます。
例えば、国が関係している機関や上場企業との取引による売掛金であれば手数料が安くなったり、資金調達のスピードが早くなります。

ファクタリング会社によっては得意としている業種が異なるのでできればその業界に精通したファクタリング会社を選択することも、早い審査や即日現金化の助けとなるでしょう。

また複数の売掛金を保有している場合は、なるべく決済日が近い売掛金のほうがファクタリング会社のリスクが軽減するため手数料が安くなったり、審査が早くなるメリットがあります。

必要書類は事前に準備しておく

来店不要なファクタリング会社と言っても、必要書類は準備しましょう。
一般的なファクタリングに必要な書類は以下の通り。

・印鑑証明書
・決算書や確定申告書
・売掛先との契約書
・売掛先との取引が記載されている請求書や納品書など
・入出金が確認できる預金通帳
・商業登記簿謄本

ファクタリング会社によって必要書類は異なりますが、上記の書類を準備しておけば、スムーズに申込み~審査に進めるでしょう。

来店不要の即日ファクタリングにおすすめの会社

ここまで来店不要で即日ファクタリングが可能な条件やコツなどについて紹介してきましたが、安心・安全なファクタリング会社で候補を絞ると対象となる会社は極僅かです。

それがOLTAのクラウドファクタリングになります。
クラウドファクタリングなので、オンライン上で全てが完結して審査に通れば即日入金が可能です。

必要書類も下記の4つだけで準備しやすいものとなっています。

・代表者の本人確認書類
・売掛先の請求書
・直近7ヵ月の入出金明細
・昨年度の決算書

手数料が安いのもOLTAのクラウドファクタリングの特徴なので来店不要の即日ファクタリングを希望する方はまずはOLTA(オルタ)に申込みをするのがおすすめです。

来店不要!オンライン上で完結できるクラウドファクタリング

手数料:2.0%~9.0%
入金スピード:最短即日(24時間以内)
営業時間:24時間(完全オンライン営業)
ファクタリング形態:2社間のみ

OLTAは2017年設立の比較的新しいファクタリング会社になります。
設立年こそ浅いですが、三菱UFJファイナンシャル・グループ主催の「第2期MUFGデジタルアクセラレータ」参加企業として急成長中かつ、信頼できる会社です。
OLTAのパートナー企業を見ても、有名企業がほとんどです。

手数料の算出はもちろん、書類の提出から審査まで全てがオンライン上で完結できるので来店不要な点が一番の特徴ですが、手数料も2.0%~9.0%と他社と比較しても低水準と言えるでしょう。

一方で、手数料が安い分“審査のハードルが高い”のがOLTAのデメリットと言えるでしょう。

なのでまずは、OLTAの公式サイトから無料登録して請求書のかんたん査定をしてみましょう。

参考記事:OLTA(オルタ)クラウドファクタリングのリアルな評判!他社との決定的な違いとは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました