【10万円~少額OK】個人事業主でも即日入金可能なファクタリング会社

条件別ファクタリング

急な資金調達の方法として、入金サイクルの長い建設業や建築業ではお馴染みとなっているファクタリング。

ただ、上記のような業種は売掛債権の金額自体が大きな額となるので「個人事業主の少額な売掛債権でもファクタリングは利用できるのか?」と疑問に感じる方もいるでしょう。

結論から先に言えば、ファクタリング業者の中には10万円程度の少額な売掛債権でも対応してくれる会社が複数あります。

この記事では、個人事業主の方も対象としている少額の売掛債権でもファクタリング可能な業者を紹介しています。

融資や助成金申請よりも審査の甘いファクタリングではありますが、審査に通りやすいポイントも解説しているので急な資金調達の必要が生じた個人事業主の方はぜひ参考にしてください。

お急ぎの方は以下に、個人事業主OK・即日対応も可能なファクタリング業者を表にまとめましたのでご覧ください。

会社名即日対応取引実績最低取扱い額公式サイト
OLTA申込150億円越え下限なし公式サイト
ビートレーディング月間400件30万円~公式サイト
えんナビ年間1000件30万円~公式サイト

個人事業主でも利用可能なファクタリング会社が少ない理由

この記事では、個人事業主でも即日利用可能なファクタリング会社について紹介していますが、法人と比較すると個人事業主が利用できるファクタリング会社は少ないです。

なぜ個人事業主が利用できるファクタリング会社が少ないのか?
理由は主に2つあります。

・債権譲渡登記ができない
・少額利用が多いため

債権譲渡登記をわかりやすく説明すると、売掛債権の譲渡を公にするために法務局に申請して行われる登記の一つで、債権譲渡登記を行う目的としてはファクタリング利用者が複数のファクタリング会社に1つの売掛債権を売却する「二重譲渡の防止」と、利用者がファクタリング会社に内緒で引き渡すべき売上金を使い込んでしまった場合に、債務不履行に伴う損害賠償請求を裁判所に訴えるための「債権の焦げ付き防止」の2つの目的があります。

もっと簡単に言えば、ファクタリング会社のリスクを軽減するための法制度です。
しかし、この債権譲渡登記が利用できるのは「法人」のみとなっています。

つまり、ファクタリング会社は個人事業主に対して「二重譲渡」と「債権の焦げ付き」の2つのリスクを負うことになります。

さらに、個人事業主の場合は法人と比較すると売掛金が少額になる傾向があります。
売掛金が少額=ファクタリング会社の利益も少なくなります。

法人と比較すると利益が少ない割にリスクが高い、これが個人事業主を敬遠するファクタリング会社が多い理由です。

しかし、最近は債権の電子化に伴って、債券売買などの取引が身近になったことで個人事業主向けのファクタリングを扱う業者も増えてきています。また少なくとも銀行融資よりは審査に通りやすく、資金調達スピードが早いのは間違いありません。

審査に通りやすい業種と通りにくい業種


個人事業主OKと言っても業種によって審査に通りやすい・通りにくいがあります。

【審査に通りやすい業種】

・医療業
・製造業
・建設業

【審査に通りにくい業種】

・小売業
・飲食業

詳しい理由は記事後半で説明しますが、売掛先の企業や機関の信用力の高低によってこのような分類となっています。

上記の業種に当てはまったからと言って必ずしも審査に通る/通らないわけではなく、あくまでも傾向の話なのでまずは無料見積もりや査定を受けてみることをおすすめします

個人事業主でも利用できる即日買取も可能なファクタリング会社

それでは、個人事業主でも利用可能な即日ファクタリングが可能な会社といくつか紹介していきましょう。

OLTAのクラウドファクタリング

OLTAでは、特に最低取扱額などはなく審査にさえ通れば少額ファクタリングも可能です。

来店不要!オンライン上で完結できるクラウドファクタリング

手数料:2.0%~9.0%
入金スピード:最短即日(24時間以内)
営業時間:24時間(完全オンライン営業)
ファクタリング形態:2社間のみ

OLTAは2017年設立の比較的新しいファクタリング会社になります。
設立年こそ浅いですが、三菱UFJファイナンシャル・グループ主催の「第2期MUFGデジタルアクセラレータ」参加企業として急成長中かつ、信頼できる会社です。
OLTAのパートナー企業を見ても、有名企業がほとんどです。

手数料の算出はもちろん、書類の提出から審査まで全てがオンライン上で完結できるので来店不要な点が一番の特徴ですが、手数料も2.0%~9.0%と他社と比較しても低水準と言えるでしょう。

一方で、手数料が安い分“審査のハードルが高い”のがOLTAのデメリットと言えるでしょう。

なのでまずは、OLTAの公式サイトから無料登録して請求書のかんたん査定をしてみましょう。

参考記事:OLTA(オルタ)クラウドファクタリングのリアルな評判!他社との決定的な違いとは?

ビートレーディング

ビートレーディングでは、30万円~の少額債権が買取り対象となっています。

買取実績15000件越え!個人事業主でも利用OKなファクタリング

手数料:7.0%~10.0%(2社間)2.0%~5.0%(3社間)
入金スピード:即日~3営業日
営業時間:平日9:30~19:00(WEB24時間受け付け)
ファクタリング形態:2社間・3社間・診療報酬・介護報酬

設立から7年、ファクタリング業界のパイオニアと言われているのがビートレーディングです。個人事業主はNGというファクタリング会社も多い中、個人事業主でもOKなファクタリング会社という点が買取実績の多さに繋がっています。

単純な目先の資金調達ではなく、根本的なキャッシュフローの改善の相談にも乗ってくれるコンサルティングの延長線上にあるファクタリングである点がビートレーディングの大きな特徴です。

ファクタリング=悪徳といったイメージも一部にはありますが、安心と安全、信頼と実績を重視してファクタリングを行いたい方におすすめのファクタリング会社です。

こちらもデメリットを挙げるとするならば、ホームページを見ると少額ファクタリングも可能な印象を受けますが、実際には少額だと総額の手数料が高くなるので100万円以上の売掛金がある場合に利用を検討するのがおすすめです。

えんナビ

えんナビでは、30万円~の少額債権が買取り対象となっています。

初回利用時でも最短2時間で振込!スピードが魅力のファクタリング

手数料:8.0%~20.0%(2社間)5.0%~15.0%(3社間)
入金スピード:最短即日(2社間)
営業時間:24時間(完全オンライン営業)
ファクタリング形態:2社間・3社間

えんナビは2017年設立の比較的新しいファクタリング会社。
設立年は浅いですが、年間1000件を超える買取り実績はファクタリングに関する柔軟な対応力にあります。

そのため、他社で断られてしまった・他社の条件を満たせないといった企業や個人事業主におすすめのファクタリング会社です。

書類さえ準備してFAXやメールで送信すれば審査は1時間ほどで完了、初回利用時でも最短2時間で振込が完了するスピード感は、1分1秒でも早く即日での資金調達を利用したい場合にもおすすめです。

一方で、手数料に関しては安いとは言えず、売掛債権にもよりますが一般的~やや高いと言えるでしょう。

個人事業主でも審査が通りやすいポイント


個人事業主がファクタリングで資金調達を行うために、審査に通りやすくなるポイントをいくつか紹介したいと思います。

見積書・契約書・請求書などの書類が準備できる

個人事業主の場合、売上債権があると言っても個人事業主同士のやり取りでメールや口頭での仕事依頼も多く見積書や契約書、請求書といった書類を作っていないケースもあると思います。

このような売上債権を書類なしにファクタリング会社に買取してもらうのは難しいです。

ちなみに請求書は簡単に偽造できてしまいますが、ファクタリング会社は請求書以外にも契約書や納品書、銀行口座の過去の入金履歴なども含めて精査して問題なければ買取りという流れになるので、適当に作った請求書では審査には通りません。

請求自体は口頭でも成立しますが、ファクタリングを行う場合は印鑑が押されている書類のほうが信頼度は圧倒的に高くなります。

売上債権の金額が大きい

この記事では、個人事業主でも利用できる少額の小口ファクタリングが可能な業者を紹介していますが、前提としてファクタリング会社からすれば売上債権の額は少ないよりは多いほうが望ましいと考えられています。

30万円程度の少額でも利用できる業者もありますが、全体でみると100万円~の最低申込み額に設定しているファクタリング会社が多いです。

もし複数の売上債権がある場合、なるべく高い売上債権で申し込んだり、複数の売上債権で合計額が大きくなるようにして申込みをしたほうが審査には通りやすいでしょう。

売掛債権の入金サイトが短い

売掛金の支払期日までの期間を「入金サイト」と言います。
通常ではあれば売掛金は1ヶ月~3ヶ月後に支払われるのが一般的ですが、入金サイトがこの期間よりも長い場合、売掛先の業績の悪化・倒産などの貸倒リスクが高まるので審査には不利になります。

売掛先の企業の信用力が高い

冒頭で、審査に通りやすい業種と通りにくい業種で少し触れましたが、審査に通りやすい業種に挙げた医療業・製造業・建設業などは、売掛先が国の機関や、大手企業など支払遅れや未払いのリスクが極めて低いので信用力が高く、審査にも通りやすくなります。

一方で売掛先も個人事業主の場合などは、審査には通りにくいと言えるでしょう。

社会保険料や税金の滞納がない

社会保険料や税金の滞納に関しては、「滞納していてもOK」とホームページで謳っている業者も多いですが、回収した売掛金を税金の支払いに充てられる可能性をファクタリング会社に疑われることになるので、滞納がないほうが審査には有利になります。

特に滞納額が多いと事業主として問題があると判断されてファクタリングが利用できない可能性もあります。

ファクタリングと手形割引の違いは?

手形割引とは、取引先から振り出された約束手形と担保にして銀行や信用金庫、民間の手形割引専門会社から融資を受ける方法で形式上は借り入れの形になります。
現在はピーク時よりも手形取引は減少していますが、業種によっては選ばれる決済手段です。

売掛金を現金化するという目的はファクタリングと同じですが、大きな違いが2つあります。

一つは、取引先が破綻などで未払いになった時の保証義務です。

手形割引はあくまでも借り入れなので受けた融資は返済しなければなりません。

一方でファクタリングには保証義務がありません。
このことを償還請求権がない=ノンリコース型と言います。

次に、保証義務が生じることによって自身の保証能力が問われます。
つまり、税金や保険の未払い・赤字決算・債務超過といった問題があればそもそも手形割引が行えない可能性が高いです。

一方でファクタリングの審査では、取引先(売掛金)の信頼性に重点をおいた審査が行われるので、むしろ取引先の信頼性が審査されることになります。

なので個人事業主だろうが、取引先がしっかりしていれば資金調達ができる可能性が高いです。

即日でなければフリーナンスもオススメ

もし、個人事業主でファクタリングを利用したいけれどそこまで急な資金調達を必要としていない方にオススメなのがGMOが運営しているフリーナンスです。

フリーナンス自体は、ファクタリング会社ではなくGMOが運営しているフリーランス・個人事業主向けの支援サービスで、そのサービスの一環としてファクタリングがあります。

一番のメインは、業務における補償(保険)で、フリーナンスで維持費無料&振込手数料無料の振込専用口座を開設することで、仕事中の事故や事故に対する補償を受けられる仕組みです。

この利点のために利用している個人事業主が多いですが、ファクタリングサービスもあります。

それが、売掛金の即日払いでフリーナンスが請求書を始めとする売掛債権を買取り、代金を先払いする仕組みです。

この“即日払い”は、1万円~の少額債権から利用可能で最高1000万円まで。
手数料は3%~10%と比較的安く、取引先に知られない2社間取引となります。

入金までのスピードや手数料、少額取引可能など個人事業主にとっては申し分のないフリーナンスですが、そもそも振込専用口座を開設するのに1週間ほど時間がかかります。

なので現在もし資金調達までの時間がない場合はオススメできませんが、将来的に資金調達の必要性が生じる可能性の高い業種の個人事業主の方はフリーナンスに専用口座を開設しておくと多くのメリットを享受できると思います。

ファクタリング以外の資金調達の手段

フリーナンスのように、まだ資金調達まで猶予がある場合はファクタリング以外の資金調達も視野に入ってくるでしょう。

ここでは、ファクタリング以外の資金調達法のメリットやデメリットを簡単に紹介したいと思います。

①ビジネスローン

ビジネスローンは、銀行や消費者金融が提供している無担保のローンです。
しかし、銀行の低金利ビジネスローンは上場企業などの大企業向けで中小企業や零細企業は銀行のビジネスローンと比較すると審査や融資条件が厳しいです。

なので個人事業主がビジネスローンを利用するとなると、消費者金融やノンバンク、信販会社が提供しているビジネスローンが選択肢となるでしょう。

このような個人事業主向けのビジネスローンは即日融資・少額OKとなっていて銀行のビジネスローンと比較すると審査も緩い傾向にあります。

とは言っても、審査はあるのでファクタリングよりは審査は厳しいと言えるでしょう。
また審査に必要な確定申告書や決算書、事業計画書などの書類の提出も多い傾向にあります。

急ぎでない、審査に自信がある場合は個人事業主でも十分選択肢に入ってくる資金調達法と言えるでしょう。

借り入れなので当然保証義務が生じます。

②銀行融資

銀行融資は手数料が安いのが一番のメリットです。
大手のメガバンクですと1.5%~5%程度で借り入れが可能です。

手元に残る資金としては銀行融資のほうが遥かに多いですが、借り入れになるので返済義務も生じますし、返済能力などを細かくチェックされるので申込みから融資までに時間がかかります。

当然のことながら審査も厳しくなるので即日の資金調達には向いていません。

③助成金・補助金

おそらくファクタリングを検討する前に、考える資金調達法だと思うのでここでは簡単に紹介します。

助成金も個人事業主の資金調達の方法の一つで、国や自治体から支給され基本的には返済義務のない資金になります。

助成金は支給条件を満たしていれば、申請すれば支給されます。
一方で補助金は審査があるので審査を通過した場合のみ受け取ることができる資金です。

助成金や補助金の条件に合致していれば、検討するべき資金調達の方法ですが、急な資金調達となると条件によっては確実とは言えない資金調達になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました